2017-09-21

NPO法人 表皮水疱症友の会 DebRA Japan 2018年umi.doodle チャリティカレンダーのご案内

NPO法人 表皮水疱症友の会 DebRA Japan 
2018年umi.doodle チャリティカレンダー予約販売のご案内

先ずは、新作のご案内です。

Sky  Butterfly – to DEBRA –

Sky  Butterfly – to DEBRA – umi.doodle 2017
蝶を追っていたら、空と虹に気が付いた少女。
「NPO表皮水疱症 友の会 DebRA JAPAN 」チャリティ作品

いつも沢山の応援をありがとうございます。本作は諸事情から想いが募り、いつもと違ったご案内となります。また、作品に関する売り上げの一部をチャリティに回すこととしました。詳細はこちらになります>>PDF

umi.doodle2018カレンダー
詳細は画像をクリック願います↑↓

 umi.doodle2018カレンダー

バタフライ チルドレン

「触れると壊れる子供達」表皮水疱症の子達にとっては、蝶の羽は、自分達の肌を指します。蝶は空を羽ばたき、花を渡り、夢の世界にも当たり前に登場する明るい象徴的な存在
ー 蝶を追っていたら 見上げて空の虹に気がついたー そんなストーリーでいて欲しいという願いを込めて。


難病「表皮水疱症」を発症した女の子、DEBRA。

彼女の親が作ったDebRAの会は、海を越えて日本にも設立されました。発症数が少ないため、認知数だけでなく取り組む医療関係者も少ない。多くの方に先ずはこのことを知ってもらい、今後の希望を増やしたい。そう思いました。
DebRA(デブラ)とは、表皮水疱症(英語名のEpidermolysis Bullosaの略名がEB)の世界的支援組織(ボランティア組織)であり、現在40カ国が参加しています。 DebRAの活動はイギリスで始まり、その名前の由来は、フィリス・ヒルトン (Phyllis Hilton) さんの重症型EBを持つ娘さんの名前がDEBRAであったこと、また英語で表皮水疱症研究協会 (Dystrophic Epidermolysis Bullosa Research Association: DebRA) の略からきています。

チャリティ品のご案内ー1ー(展示販売)

□「Sky  Butterfly」原画 (有限会社アートラインフィールド取り扱い)
※展示会の情報は追ってご案内致します。

チャリティ品のご案内ー2ー(ネット販売)

□A.「Sky  Butterfly」アートパネル 12,000円(先着20)

※直筆サインを裏面にいれさせていただきます。
専用の簡易アクリル額と専用箱をお付け致します。
□B.「Sky  Butterfly」A2ポスターカレンダー2,000円

□C.「Sky  Butterfly」ポストカード 一枚 500円(先着200) 準備中
大きさ126mm×126mm 
市販の額装可能です

□D.umi.doodle オリジナルプチカレンダー800円
umi.doodle「いきものさん」たちのタグカレンダー

チャリティ品のご案内ー3ー(予約受付2017/9/20~10/6)
予約受付期間の"ご予約のみの販売"となります(発送日11月1日)

□E.umi.doodle 2018年カレンダーセット 3,000円
(2018年カレンダー+オリジナルプチカレンダー+「Sky  Butterfly」ポストカード)
表紙含めて7枚(6作品)

<カレンダーセットお求め方法>

ネットから注文>>umi.doodle 2018年カレンダーセット 3,000円

FAXからご注文>>「umi.doodle 2018年カレンダーセット 3,000円」の
1)ご希望数 2)お名前 3)ご住所 4)連絡先  
をご記入の上、
028-333-1064 
までFAXをお願いします。ご予約期間のみの予約販売のみとなります。予約期間を過ぎますと注文が難しくなりますのでご了承ください。

 表皮水疱症友の会DebRA JAPAN 2018年カレンダー
詳細は画像をクリック願います↑↓

 表皮水疱症友の会DebRA JAPAN
原画を含め、上記売り上げの一部を「NPO法人表皮水疱症友の会」にご寄付させていただきます。一人でも多くの方にこのことを知っていただきたく、情報散布のご協力をよろしくお願い致します。


2017-08-14

ネイルについて

昨年から右から左に参加していた東京ビッグサイトのイベントは無事終了しました。

お客様達の感想をいただきながら絵描きとしての方向を探していました。

沢山の方達に絵を見ていただき、沢山のご評価をいただき制作の参考にさせていただきました。

ありがとうございます。


これまでと変わらず、作品を作り続けていきます。



昨年より勉強をはじめたネイリストとしての腕により一層磨きをかけて、「ネイリスト兼絵描き」として活動していく予定です。

小さいキャンパスである「ネイル」や細かい絵を描く自分のスタイルに磨きをかけていきます。


具体的には・・・都内の企画や方々での展示会用作品制作をメインにしながら、

ご依頼絵(ペットの肖像画やウェルカムボード)を請けていくなどしていきます。

ネイルについてはまだまだ修行中ですので、本当に自信が出来たらばネイリストとしての肩書を名刺に入れます。

(……ネイルは覚えることが多くて日々泣いていますので、今は資格と気持ちだけ………)

アートパネルによるレプリカ提供や、相変わらずのグッズ提供はしていこうと思っていますので、新しいのが出来上がりましたらこれまでの通りご紹介いたします。お迎えください!!

宝塚阪急百貨店 原画展にお越しいただきありがとうございました。

先月開催された「なつかし世界の漫画展」において、同時開催で原画展をしていただきました。

お陰様で、普段 お見せする機会が少ない原画達を皆様にご披露することとなりました。

沢山の作品がお客様達にお迎えいただくこととなり、心から嬉しく思います。

娘さんの嫁入り道具や贈答用としてお求めいただいた方もいらっしゃったとのことで、

手にした方々のエピソードが耳に入れば入るほど こちらも癒され、また描こうという気持ちになります。

本当にありがとうございます。



― いつか友人たちが待つ地元での展示会が開催が出来たらな ―


初めての展示会は、地元の某演劇会場の受付をお借りしての小さな小さなものでした。(お声かけくださった大島朋恵様に感謝)

今から考えると拙い展示でしたが、

その時のことや、地元の人達に与えていただいた機会を通じて 今の形になっていきました。

応援してくださっている方々の気持ちに応えるためにも、もっと精進していきます。

>>今後のスケジュールはこちらで更新していきます。

アジアの子供たちに

昨年、画集を出版するにあたり 作品説明等を英語に翻訳してもらうことにしました。

少し経ったら海外の子供たちに寄付をしようと考えていたのが大きな理由です。

カンボジアやアフガニスタンなど、アジアの中にもまだまだ教育が受けられていない子供たちが沢山いるとのことです。

日本語だけではなく英語でも表記することで、少しでも沢山の子供たちが読めて役立てるのではないかなと思いました。

皆で作った画集が、沢山の子供達に読まれることを祈りつつ


出版から一年が経ちましたので、展示会用に少しだけ取っておいて、60冊程ではありますがこういったアジアの方々に寄付を致しました。

寄付した本がまた販売などされるとそれらが寄付金ともなります。(100円で1200人ほどが本を読む機会が出来るそうです。)


紆余曲折ありながらも、こういった趣旨を汲み取りながら出版企画をお引き受けいただいた出版会社様や、翻訳を担当していただいたMAYUMIさん、本の体裁についてご指導いただいたロクブン書店様、その他サポートしていただいた多くのスタッフや友人達、関係業者様に感謝の念を抱きながら、

皆で作った画集が、国境を越えて、世代を超えて、沢山の子供達に読まれることを祈っています。

>>画集「umi.'s flora and fauna GUIDE

今後も絵画集の売り上げから少しではありますが、ご寄付をまたさせていただきたく思います。

2017-07-21

【新作『reincarnation』原画お披露目

新作『reincarnation』の原画を以下の場所でお披露目致します。

>>7/23 HandMade in Japan Fes 2017/東京ビックサイト
>>7/26-30"なつかし漫画の世界展" at 宝塚阪急百貨店/兵庫県

reincarnation/umi.doodle

『reincarnation』

はるか昔に、
花の王と獣の王が交わした約束は、
とある夏夜に果たされた。

いつか何処か、
異なる場所や時代に居たとしても、
きっとこうして巡り合う。

生まれ変わり、
私達は、飽きもせず、同じ戯事を、
繰り返し繰り返し繰り返し、

胸に留めていくのだろう。



topi